スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

Digital Asset: Create Proxy Model

最近はよく衝突判定等を利用したFXに触れる機会が多くなった。しかも数をこなすということが前提なので、Proxy ModelもProceduralにやっていくことが望ましいということでこんなアセットを作ってみた。
 現在はSubnetwrokパッケージだけれども、今後拡張する可能性があるのでこのまま流用している。ある程度固まったらor他のユーザーが使い始めたらDigital Assetとしてラップする感じ。



Version
Houdini : 14.0.361



Parameter
 まずはパラメーターについて簡単に。

 今回はラジオボタンでの切り替えで、どの選択肢があって、今どれを選択しているのか明示的にUI上で示すためにラジオボタンタブを使ってる。
 そのラジオボタンの上にあるのはFile Cache SOPのRenderやLoadまわりの設定を引っ張ってきてる。内部から掘り出して作り直すのもいいけれど、今回は素直にFile Cache SOPを使ってみた。



Volume
 この選択肢はこちらでも同じようなプロセスで作成されているが、今回はOpen VDBを使っていく手を使った。

 この方法の利用法を先に説明しておくと、確かにRBDやBulletなどでのStaticとしての利用もあるが、出来上がるのはほぼ少し太らせ気味のモデルなので、それを利用してインメッシュでの範囲選択型の衝突判定に利用する方法もある。

 ネットワークの手順を説明すると、まずはScatter SOPで分布させMetaballでなるべく1メッシュのMetaballオブジェクトを作成する。それをConvert SOPでPolygonとして変換する。次にVDB from PolygonでVDBに変換し、VDB Smoothで整理をしたあとConvert VDBでPolygonに落とし直す。さらに増えてしまったPolygon CountをReduce Polyで削減し軽量化する。
 Parameterにはそれぞれ重要要素を引っこ抜いてきてUI化しているが、多分これで事足りるだろう。



Sphere
 ぶっちゃけて言えば、単にSphereを分布させたScatterにコピーさせただけのもの。多分使用頻度は一番低い…。
 しかしながら、ポポンと一番簡単に作れるやつなのでSphereの数の調整とかは一度これでみてみると良いか…

最新の投稿

Node: Volume Stamp SOP